続:AUS+RALLY フレンズ紹介

続:AUS+RALLY フレンズ紹介

オーストラリア政府のスポーツ外交「AUS+RALLY」に参画する公式パートナー「Friends of Australia」は18団体に達しました。前回8月に(拡大するAUS+RALLY Friends の輪) 参画フレンズをを紹介しましたが、8月以降のフレンズをご紹介します:

 

ライフセービング・パトロール・コンペティション実行委員会|ライフセービング

オーストラリアは1980年代、サーフ・ライフセービングを日本に紹介する際に大きな役割を果たしました。それ以来、両国のライフセーバーたちは活動の効果を高めるために、共に協力しています。ライフセービングは、現在繰り広げられているスポーツ外交の見本とも呼べる存在です。

同委員会は2019年10月26-27日、日本で初めてライフセービング・パトロール競技会を開催しました。この大会は、ライフセービングの身体的能力や、救助のための技術とノウハウを高めるためのもので、いずれもライフセーバーがビーチを監視する上で欠かせないものです。日本の5つのライフセービング・クラブが参加し、オーストラリアのチャンピオンチームと共に、千葉県岩井海岸で競技に挑みました。

当日の大会詳細はこちら

 

日本オーストラリアンフットボール協会|オーストラリアンフットボール

オーストラリアン・ルール・フットボールは、オーストラリアの国技ともいえるスポーツです。オーストラリアン・フットボールは、「オージー・ルールズ」「フッティー」の名で親しまれており、ビクトリア州以西 で特に人気があります。

日本オーストラリアンフットボール協会(略称:AFLジャパン)は1986年に設立され、2004年より正式にオーストラリア・フットボール・リーグ傘下の団体となりました。AFLジャパンは日本の国内リーグ運営とオーストラリアン・フットボールの普及促進を行っています。

AFLジャパンは今年8月に開催された渋谷フレンドシップフェスティバルで、オーストラリアンフットボール体験ワークショップを行うなどして、オーストラリアのスポーツ精神を披露しています。 12月7日には、広く一般の方にオーストラリアンフットボールを知ってもらうためのAFL JAPAN DAYというイベントを渋谷スクランブルスクエアで開催しました。AUS+RALLYフォトブースやAFL体験を通して、多くの方にオーストラリア・フットボールに触れていただけたようです。

神戸市|パラスポーツ

神戸市は2017年9月に、オーストラリアパラリンピック委員会と協定書を締結し、パラリンピックチームの事前キャンプ地となりました。オーストラリアの様々な競技のパラアスリートが東京パラリンピックの事前合宿を同市で実施します。オーストラリアパラリンピック委員会は、日本の様々な自治体・地域を視察した結果、神戸市の提供するトレーニング施設、障がいのある人もアクセスしやすい宿泊施設がチームのニーズに合致し、合意に至りました。神戸市は、1985年よりブリスベンと姉妹都市関係にあり、毎年交流事業が行われています。神戸市は「ホストタウン交流事業」(内閣官房)において、オーストラリアを相手国としたホストタウンに登録されています。

 

稲敷市|トランポリン

2019年11月に東京・有明体操競技場で開催されたトランポリンの世界選手権大会に先立ち、オーストラリアのトランポリン選手団は茨城県稲敷市でキャンプしました。トランポリンとゆかりの深い稲敷市では、2019年開催の茨城国体で初めて正式種目となったトランポリン競技が開催されたほか、北京オリンピック4位でオーストラリア留学を経験している外村哲也選手の出身地でもあります。

一緒にオーストラリアのスポーツ
を盛り上げましょう。

オーストラリア大使館は
AUS+RALLYキャンペーンにご参画
いただけるパートナー
「FRIENDS OF AUSTRALIA」を募集しています。