LEARNもっと知る

「AUS+RALLY」 26団体が公式パートナーに認定、オンライン交流も

「AUS+RALLY」 26団体が公式パートナーに認定、オンライン交流も

東京2020オリンピック大会開催まであと100日を迎え、在日オーストラリア大使館を主体としたオーストラリア政府のスポーツ外交キャンペーン「AUS+RALLY」(オーストラリー)に参画する公式パートナーは、26団体に達しました。コロナ禍でイベントやスポーツ交流の機会が少なくなった2020年でしたが、オンラインをはじめとするスポーツを通じたオーストラリアと日本の草の根レベルの取り組み等は継続して行われました。

「AUS+RALLY」キャンペーンは、オーストラリア大使館がオーストラリアラグビー協会ならびにオーストラリアオリンピック・パラリンピック両委員会と連携し、2019年4月にスタートしました。交流やイベントのプログラムを通じ、新規および既存のスポーツ外交活動を一つに取りまとめるほか、世界的なスポーツイベントを主催する日本から発信される重要なレガシーを支援しています。

オーストラリア大使館は、キャンペーンのパートナーとして「チーム・オーストラリア」を支援いただく公式パートナーの各団体を「Friends of Australia」として認定しています。これまでに認定された地方自治体は、神奈川県小田原市東京都府中市新潟県長岡市埼玉県埼玉県上尾市千葉県浦安市東京都武蔵野市東京都中央区大阪府茨木市兵庫県神戸市茨城県稲敷市東京都オリンピック・パラリンピック準備局北海道網走市埼玉県戸田市岩手県釜石市神奈川県藤沢市神奈川県埼玉県伊奈町群馬県太田市(申請順)。その他の団体は、クラブオーストラリアGateway在日オーストラリア・ニュージーランド商工会議所関東地区大学準硬式野球連盟ライフセービング・パトロール・コンペティション実行委員会東京ゴアナーズ日本オーストラリアンフットボール協会(申請順)です。

2020年6月にはウェブサイトをリニューアルし、オーストラリア大使館が携わるスポーツ外交の情報の他、楽しくオーストラリアについて学べる内容など、コンテンツ内容を拡大しました(https://australly.jp)。コロナ禍においても小中学生の国際交流、国際学習の機会が確保されるよう、スポーツ外交を起点としたオンライン交流への支援、動画・デジタル教材の提供を開始しました。

2020年9月には、オーストラリアオリンピック委員会(AOC)による「Australia Olympic Connectともだち2020」パイロットプログラムというオーストラリアの学校を日本の学校とコネクトする(つなぐ)教育交流プログラムを支援し、「Friends of Australia」の一部自治体が参加しました。

オーストラリアと日本、20校ずつの学校が参加し、約二か月の間、日本の小中学生(対象:小学5年~中学3年)は、オーストラリアの同年代のクラスとビデオ通話、インターネットやEmailを通じて定期的に(2週間に一度)交流し、日豪それぞれの国や文化について学びました。

ともだち 2021」は両国で対象学校を広げ、今年4月から東京2020オリンピック大会が開催される7月まで実施される予定です。既に両国で計400を超える学校の申し込みがあり、現在も日本の学校の登録を受け付けています(4月末まで)。本プログラムについて、ジャン・アダムズ駐日オーストラリア大使は次のように述べました「ともだち2021プログラムを通じて、オーストラリアと日本の生徒同士がオンラインで共に学び、お互いについて学び合い、オリンピック精神を祝うことができます。このようなプログラムによって、両国の間に新しい関係や絆が生まれることを願っています。」

ともだち2020 パイロットプログラム記事

記事に使用した資料がダウンロードできます。

PDFダウンロード