LEARNもっと知る

食文化 オーストラリアの生活

食文化 オーストラリアの生活

オーストラリアの食文化は、この国に移り住んできた人々が持ち込んだ、それぞれの異なった食文化に支えられ進化してきました。植民地の名残から、かつてはイギリス食文化の伝統を多く受け継ぐものでしたが、今日では、多彩な食べ物を味わうことができます。そのため、歴史的に典型的なオーストラリア料理と呼ばれるものはほとんどありません。

(C)Luxury Lodge of Australia/Tourism Australia

朝食は、一昔ほど前まではベーコンや卵料理などが主流でしたが、現在では、健康志向の高まりを受け、フルーツやジュースから始まり、シリアルやオートミール、トーストにバターやジャム、蜂蜜、ベジマイトなどを塗って食べるのが一般的です。

昼食は、サンドイッチとフルーツ、また温かいランチとしてミートパイやソーセージロール(ソーセージ用のひき肉をパイ皮に包んで焼いたもの)、フライドポテトなどを食べることもあります。このような食べ物はスポーツ・イベントなどでもよく売られています。

夕食も、肉料理に数種類の温野菜といった伝統的なイギリス式の夕食のみならず、ほとんどの家庭で米料理やパスタ料理、サラダなどが食卓に上がります。オーストラリアでは、オージー・ビーフとして日本でも親しまれている牛肉や、子羊肉が広く出回っていますが、豚肉、鶏肉もよく食べられています。またシーフードも非常に人気があります。

 Margaret River, WA Gourmet Beach BBQ at Castle Bay Beach
(C)Margaret River Gourmet Escape/Tourism Australia

国内には様々な国のレストランがあり、タイ、イタリア、 インド、日本料理などが特に人気を博しています。また、 週末や休日になると、家族や友人たちと自宅の庭や公園、ビーチなどに集まってバーベキューをする人々をよく見かけます。

オーストラリア式のバ一ベキューでは、 肉やソーセージ、海老などをグリルで焼き、別に用意したサラダやパン、デザートなどと一緒に楽しみます。バーベキュー文化が根付いているオーストラリアでは、 公園などの公共スペースの多くに、人々が気軽に利用できるバーベキュー用グリルが設置されています。

2019 Content Secondary Images - Western Australia BROOME GANTHEAUME BEACH FAMILY BBQ
(C)Tourism Australia

オーストラリアはワイン生産大国で、世界中の多くの国にワインやビールを輸出しています。オーストラリアでは18歳からお酒を飲むことが許されています。

Yalumba Wine Tasting
(C)Yalumba/Tourism Australia

 

Learn more: