LEARNもっと知る

日本で活躍するオーストラリア人ラグビー選手

日本で活躍するオーストラリア人ラグビー選手

オーストラリア人のラグビー選手30人以上が、今シーズンのトップリーグに在籍しているのをご存知ですか?このうち2019年のワールドカップに出場した選手が5人もプレーしていて、チームに貢献しています。
最大の注目は、オーストラリア代表チーム「ワラビーズ」主将のマイケル・フーパー選手。トヨタ自動車ヴェルブリッツでも中心選手として、プレーオフ2回戦までの全8試合に出場し、1試合で2トライを決めた日もありました。

第7節まで7戦全勝のサントリーサンゴリアスには、ワールドカップで1トライを挙げたスピードのあるサム・ケレビ選手が在籍しています。ケレビ選手はプレーオフ2回戦までの8試合で8トライを決めています。3月27日のヴェルブリッツ戦ではフーパー選手と同じグラウンドに立ち、3点差で競り勝ちました。


ワラビーズのスタンドオフとして活躍したバーナード・フォーリー選手は、クボタスピアーズでも正確なキックでチームに貢献しています。今期のチーム初トライ&ゴールを決めたそうです。

同じくワラビーズの司令塔を担ったクリスチャン・リアリーファノ選手は、白血病の治療を経て、代表の一員に返り咲きました。今期もNTTコミュニケーションズシャイニングアークスに在籍しています。

一方、日本代表チーム「ブレイブ・ブロッサムズ」の一員としてワールドカップに出場したのは、宗像サニックスブルースのジェームス・ムーア選手です。ロックで唯一、全試合に先発出場しました。2021年度の代表候補にも選ばれています。


【日本代表候補選手発表】

2021年度ラグビー日本代表候補選手に、宗像サニックスブルースからマーク・アボット選手、ジェームス・ムーア選手、レメキ ロマノ ラヴァ選手の3名が選出されました‼️

#宗像サニックスブルース…

Posted by 宗像サニックスブルース on Monday, 12 April 2021

(右上がムーア選手)

トップリーグプレーオフの決勝は5月23日(日)、東京の秩父宮ラグビー場で開催されます。オーストラリア人選手の活躍は見られるでしょうか?

 

おすすめ記事