LEARNもっと知る

日本とどうちがうの? オーストラリアの季節と気候

日本とどうちがうの? オーストラリアの季節と気候

南半球に位置しているオーストラリアでは、季節が北半球と逆になり、真夏が1月に訪れます。また、日本とは異なり、北へ行く程、温暖な気候になります。

広大な国土を誇るオーストラリアには、様々な気候帯があります。北部の熱帯地域にはじまり、乾燥地帯に広がる内陸部、南部の温帯地域、沿岸の亜熱帯地域と国内の気候は変化に富んでいます。気温は場所によって50℃を上回ることもあれば0℃以下になることもありますが、都市部における平均的な気温は、夏季は20℃−32℃で、冬季は4℃−15℃です。

標高の高い山脈がなく、四方を海に囲まれているため、極端な寒さになることはありませんが、南東部の山地では雪が降り、スキー場もあります。北西部・北東部では台風が上陸することもありますが、世界で最も乾燥した国土をもつと言われるオーストラリアは、年間を通して降雨量が少なく、長期的な干ばつの被害を受けやすい国と言えます。

地図をクリックすると拡大表示されます

Learn more