LEARNもっと知る

ライフセービング・パトロール・コンペティション実行委員会|ライフセービング

ライフセービング・パトロール・コンペティション実行委員会|ライフセービング

ライフセービング・パトロール・コンペティション実行委員会|ライフセービング

オーストラリアは1980年代、サーフ・ライフセービングを日本に紹介する際に大きな役割を果たしました。それ以来、両国のライフセーバーたちは活動の効果を高めるために、共に協力しています。ライフセービングは、現在繰り広げられているスポーツ外交の見本とも呼べる存在です。

同委員会は2019年10月26-27日、日本で初めてライフセービング・パトロール競技会を開催しました。この大会は、ライフセービングの身体的能力や、救助のための技術とノウハウを高めるためのもので、いずれもライフセーバーがビーチを監視する上で欠かせないものです。日本の5つのライフセービング・クラブが参加し、オーストラリアのチャンピオンチームと共に、千葉県岩井海岸で競技に挑みました。

当日の大会詳細はこちら