LEARNもっと知る

「スポーツ大国」オーストラリアで人気のスポーツは?

「スポーツ大国」オーストラリアで人気のスポーツは?

オーストラリアの国土は、日本の約20倍。広大な土地に豊かな自然、温暖な気候というスポーツに適した環境が整っているなどの理由もあり、オーストラリア人はスポーツ好きな人ばかり。

年齢や社会的地位を問わず、2500 万人の人口のうち半数以上の人々が、毎年何らかの形でスポーツに参加しています。移民の多い多民族国家でもあるので、国内だけで世界中のほぼすべてのスポーツが楽しめるのも、オーストラリアならではの特徴です。

1981年には、オーストラリア国立スポーツ研究所が設立。スポーツ競技者の養成・研究を行う国立の施設は当時世界的にも類を見ない存在で、トップアスリート養成機関として世界の模範となり続けています。日本もまたその影響を受けており、2001年に設立された日本の国立スポーツ科学センターはオーストラリア国立スポーツ研究所をモデルとしています。

そんなスポーツ大国オーストラリアで最も普及しているチームスポーツは、サッカーとネットボール。ネットボールはボールをパスのみでつなぎ、相手のゴールへシュートするというバスケットボールと少し似ている競技ですが、ドリブルできないところが大きな違いです。

その他、ラグビーやオーストラリアンフットボールなどの競技も高い人気があります。18チームが参戦するオーストラリアンフットボールのプロリーグAFL(Australian Football League)はオーストラリア国内で最も観戦者数が多く、平均観客動員数は世界のリーグの中でも第4位を誇ります。

オーストラリアンフットボールは、日本でも楽しまれています。8チームが参加する「日本オーストラリアンフットボール協会」と、そのうちの1チーム「東京ゴアナズフットボールクラブ」は、オーストラリア政府のスポーツ外交「AUS+RALLY」に参画する公式パートナー「Friends of Australia」です。

また、国民の大半が海側に住んでいるため、水泳やサーフィン、スキューバダイビングなどの水中スポーツが人気なのもオーストラリアの特徴。

幅広い種目で活躍するオーストラリアの選手たちを、ぜひ応援してくださいね。

 

おすすめ記事