LEARNもっと知る

最も古い地層は30億年前にさかのぼる? オーストラリアの地形

最も古い地層は30億年前にさかのぼる? オーストラリアの地形

オーストラリア大陸は、地理学上、次の3つの地形区に大別されます。(クリックすると地図が拡大表示されます)

【西部台地】
西部台地は、西オーストラリア州北部のなだらかな山脈、および北部準州に広がる台地を含む地域で、国土の半分以上を占めています。西部台地の岩盤はきわめて古く、5億年以上も前から陸地を形成しており、中には30億年以上も前にさかのぼる岩盤も見つかっています。 パース沿岸部の岩盤は比較的年代が新しく、ダーリング山脈によって西部台地の他の部分から隔てられています。海抜約180メートルの比較的平坦な大地に覆われたこの地域には、グレート・サンディー砂漠などの砂漠地帯が広がる一方で、小さな国に相当する規模の大きさを誇る牧場なども点在しています。内陸部に広がるこのような地域はオーストラリアでは「アウトバック」と呼ばれています。

Pinnacles, West Australia (C)Tourism Australia
Pinnacles, West Australia (C)Tourism Australia
Uluru, Northern Territory (C)Tourism Australia
Uluru, Northern Territory (C)Tourism Australia

【中央低地】
中央低地は北部準州のカーペンタリア湾から大鑽成盆地を経て、マレー・ダーリング盆地および南オーストラリア州のグレート・オーストラリア湾沿岸部に至る地域です。中央低地の大半は平らな大地に覆われていますが、南オーストラリア州のある南東部では、なだらかな大地や山脈が広がっています。この地域は、降水量が非常に少なく大変乾燥しており、そのほとんどが不毛の大地となっています。

Simpson Desert, Northern Territory (C)Tourism Australia
Simpson Desert, Northern Territory (C)Tourism Australia

【東部高地】
東部高地は、大陸の北東部から南東部をタスマニア島に向けて背骨のように走る一連の高原や台地です。高地の中央部を走る山地の連なりはグレート・デバイディング山脈と呼ばれており、オーストラリアの最高峰コジアスコ山(海抜2,228メートル)のある高原も東部高地に含まれています。高地に沿って広がる海岸地域および大陸南東部には、コースタル・プレーンと呼ばれる海岸平野地域が広がっています。温暖な気候に恵まれ、降水量も比較的多く、作物の生育に適した農耕地が広がっているこの地域に、国民の大半が居住しています。東部高地の南部に位置するニュー・サウス・ウェールズ州やビクトリア州にまたがる地域は、冬に雪が降るため、オーストラリアン・アルプスと呼ばれています。オーストラリア国内では、この他タスマニア州でも雪が降ります。※コジアスコ山 Mount Kosciuszko は、コジウスコ山、コジオスコ山と日本語で表記することがあります。

Blue Mountains, New South Wales (C)David Ireland/Tourism Australia
Blue Mountains, New South Wales (C)David Ireland/Tourism Australia
Cradle Mountain-Lake St Clair National Park, Tasmania (C)Sean Scott Photography
Cradle Mountain-Lake St Clair National Park, Tasmania (C)Sean Scott Photography

Learn more